七五三

竹橋愛夏ちゃん

 七五三の由来

 今日の七五三祝いの古い形は武家時代の男女共に3才になると、それまでそっていた髪をのばし始める儀式の“髪置き”或は“櫛(くし)置き”、5才になって男の子が始めて袴をつける祝の“袴着”(女子も行う)女子の7才になるまでつけていた緋色(あかいろ)の腰ひもを解いて小袖に帯をしめさせる祝いの“帯解”に当たります。

 これからの祝いは節目ごとに神様に今までの無事を感謝し、これからの健康と幸福をお願いする意味と、3才から7才の間は習慣、情緒や性格など子どもの人格形成や心の発達の上で、大切な時期にあたりますので、しつけを見直す意義とがあります。


←前の行事  次の行事→

年間行事に戻る


【ホームに戻る】