神社の歴史


 札幌八幡宮は昭和52年6月、先代菊池重武大教正長老によって建立されました。

 菊池家は代々神職の家系で、その歴史は初代菊池伊知女から350年余りにわたります。

 菊池伊知女は函館八幡宮に奉職、その後宮司となり、11代菊池出雲守重賢の代まで続きましたが、明治維新後、札幌神社(現北海道神宮)2代宮司となりました。

 明治新政府は、「王政復古・祭政一致」の方針により、仏教や諸派神道を統一する方向を打ち出し、これによって神道は、神社庁と当時13派あった諸派を統合した派と二つに整理され、このため神職は世襲を認められず、各地に赴任させられるようになりました。そこで、明治15年神社庁の神道を離れ、札幌市中央区南5西4(現・ロビンソンデパート近く)に金刀比羅教会を創立し、よりどころとしたのです。

 ところが、金刀比羅教会の土地は借地だったため、13代目の重雄の時代に転居を余儀なくされ、14代目の重武が北広島市輪厚に、札幌八幡宮を建立しました。

 現在は、菊池重敏が2代目宮司として奉職しています。

明治2年東久世道禧(ひがしくぜみちとみ)伯爵から賜はりし懐紙入
天日隅宮御杖代 兼 國造尊孫書
明治2年東久世道禧(ひがしくぜみちとみ)伯爵から賜はりし懐紙入
天日隅宮御杖代 兼 國造尊孫書

工事中の本殿 相撲大会 神輿渡御
建立当時の本殿とお祭りの様子。

【ホームに戻る】