祭神と御神徳

御神鏡

御神鏡
柄鏡 藤原政重 作


御祭神 五柱

一、八 幡 大 神 (はちまんおおかみ)
  国家・家庭の守護神。文化・開運の神。武道・勝負の神。
  八幡大神は、慶安年中菊池伊知女が函館八幡宮に奉職以来三百五十余年、
菊池家神職十六代に亘り御祭祀されている。
二、天 満 大 神 (てんまんおおかみ)
  [菅原道真公(すがわらみちざねこう)]学問・出世の神。
  天満大神は、文化二年(1805年)七代宮司菊池重仲が北海道の文化の普及と学問の向上を願って、京都北野天満宮より御分霊を賜はった。御神体は全国で三体、道内では唯一の御神立像。
三、秋 葉 大 権 現 (あきばだいごんげん)
  五穀豊穣(ごこくほうじょう)・万民豊楽の守護神、子孫繁栄・家庭、平和の神。火難除の神。
  秋葉大権現は、文久二年(1862年)神祗官より天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を願って菊池家に鎮祭の使命を授けられた。
四、梅 の 宮 大 神 (うめのみやおおかみ)
  安産の神。
  梅の宮大神は、文久年間より安産の神として御祭祀されている。
五、金 刀 比 羅 大 神 (ことひらおおかみ)
  商売繁昌。福徳円満の神。
  金刀比羅大神は、明治二年函館漁民二千人の嘆願により、十一代宮司菊池重賢が、四国金刀比羅宮より御分霊を賜はった。


【ホームに戻る】