夏越の大祓式(なごしのおおはらいしき)とは、今年の上半期でたまった様々な罪・穢(けがれ)をお祓いする行事です。

金幣拝戴行事

金幣拝戴行事 (きんぺいはいたいぎょうじ)
当宮の特種神事として、大神様の依代(よりしろ)である金幣を直に身に受けて、御神徳を直接拝戴する行事です。



形代行事
形代行事(かたしろぎょうじ)
皆様方が、知らず知らずの内に犯してしまう罪や穢(けがれ)、あるいは病気をこの人形に移し身代わりとして引き受けてもらう行事です。

八針行事八針行事
 
八針行事(やはりぎょうじ)
祭員が白木綿を八つに力一ぱいに引き裂きます。その時の音を耳を澄まして聴くと何とも言われぬ冴けさ(さやけさ)・清しさ(すがしさ)を覚え不浄の心もすっかり祓われて了います。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
皆様方一人一人のお名前とお年を読み上げ、今年下半期も沢山の御恵が頂けるよう、皆様方を代表して斎主が大神様にお願い申し上げます。
 
直会(なおらい)
直会は神様にお供えした神饌(しんせん)やお神酒等を、祭りの参加者が頂戴して神と人とが共食・交歓するものです。
当宮では餅まきをし、御神酒を飲んでいただきます。

マウスを当ててみて下さい

←前の行事  次の行事→

年間行事に戻る


【ホームに戻る】